運動療法

HOME > 運動療法

運動療法ってなに?

運動療法

ご自身で体を動かしにくい方が、関節の周りの筋肉を緩めたり、関節の可動域を拡げたりすることによって、血流を良くし、動かしやすくする治療方法です。

肘・膝・腰・肩まわりなど、症状別のストレッチを患者さん自身で行ってもらいます。
それを治療家が補助しながら関節の可動域を拡げていきます。

こんな方にお勧めです

運動療法・ストレッチ
  • 変形性膝関節症で歩くのがツライ方
  • 肩関節周囲炎(四・五十肩)で腕の上がらない方
  • 腰痛、肩こりがひどい方
  • 股関節痛の方
専門家のサポートで、症状がとてもラクになります。
ご自身では動かせない、動かすと痛みを伴う方も、そっとサポートしますので怖くはありません。
関節の可動域を拡げ、少しでもラクに動作できるようテーピングなどもさせていただいています。

施術前後の注意点

なるべく動き易い服装でご来院ください。
食事をして1時間以上、お時間を空けてご来院ください。
痛みがある場合は無理をせず、できる範囲で体操を行いましょう。
体操の後は水分補給をしてください。

患者様の声

右半身不随Tさん 60代

患者様の声Tさん

開業間もなく友達の紹介で通い始めました。右半身不随の私は、左手を酷使して痛みが長年続き、何処へ行っても判ってもらえず、前院長先生の魔法の手のおかげで、嘘の様に消えました。半身で動くので、時々調整をして頂く為に、そして雰囲気が良く人情味の厚い副院長先生方に身体を預けております。

脳出血による後遺症 70代Hさん


患者様の声Hさん脳出血の後遺症により「リハビリ病院」で6ヶ月間トレーニングを受け、退院後この状況とどう向き合えばよいのかと思い悩んでいた時、知人より「一鶴整骨院」さんを紹介されました。
院長先生始めスタッフの皆様の「適切・丁寧」な施術に接し機能回復は目を見張るものがあり「あきらめず」日々楽しみに通院させて頂いています。初診時文字通り「わらをもつかむ」思いでしたが「たのもしい大樹」に支えられた毎日を過ごしています。

UP
交通事故むちうち専門治療院

一鶴整骨院のスタッフブログ

モバイルサイト


一鶴整骨院の
携帯用サイトがオープンしました!