坐骨神経痛・ヘルニア

HOME > 坐骨神経痛

こんな症状、ありませんか?

坐骨神経痛

・おしりから足先まで、突き刺すような痛みがある。
・座った状態が続くと、太ももの裏がしびれてくる。
・片方の足だけに痛みやしびれを感じる。

そんな症状のある方は坐骨神経痛の疑いがあります。「坐骨神経」とは、骨盤から臀部(おしり)を通り、足先まで走っている神経です。
足の裏側に沿っているため、この神経が傷つくと、太ももの裏やふくらはぎに痛みが走ります。
「坐骨神経痛」は正式な病名ではありません。椎間板ヘルニアや変形性脊椎症・脊椎分離すべり症・脊柱管狭窄症などで起きる、坐骨神経の痛みを総称しています。

 神経そのものが痛むため、重度の場合は「二度と体験したくない」ほどの痛烈な痛みになる事も。歩けないばかりか、寝る姿勢さえ取れずに苦しむケースがあります。ヘルニアや関節の炎症が原因の場合は、治療を放置すると悪化するため、早急な治療が必要です。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛
「坐骨神経痛」と文字だけ見ると、「おしり周辺の神経痛」と感じられますが、実際は骨盤から足先まで坐骨神経は走っています。この神経を痛めると、腰や足の不調につながります。
  • おしり・太もも(特に裏側)・ふくらはぎが痛む
  • 腰から足先にかけて、片側だけピリッと痛む
  • 片側だけの足がしびれて立ち上がれない
  • 冷えを特に片側の足だけに強く感じる
  • 歩いている時に、足が重だるくしびれてくる
  • 長い間座っていると、足やおしりが激しく痛む
  • 坂道を上る時に、足の裏側がひきつれる感じがする
痛みが激しい時は、早めに治療することをお勧めします。 特にがまん強い方は、忙しさに紛れて放置しがちです。
軽度の場合は、体全体のメンテナンスを兼ねて診察・治療を受けましょう。 その際に、上記のような症状があれば伝えてください。

患者様の声

交通事故むちうち専門治療院

一鶴整骨院のスタッフブログ

モバイルサイト


一鶴整骨院の
携帯用サイトがオープンしました!